SDS作成代行

SDS service

GHS対応SDS作成受託サービス

graph1

GHS(化学品の分類及び表示に関する世界調和システム)とは、世界各国に導入されている化学品の危険有害性について、関係者にわかりやすく伝達するシステムです。

SDS(安全データシート)は、化学品の危険有害性情報を、供給者から受け取り側事業者に配布する文書で、化学品取り扱い作業者、化学品使用者、またその製品に関わるすべての方々にとって非常に有益な情報伝達ツールです。

この文書による関係者への情報伝達を通じて、化学製品に関する様々なメリットが得られます。

日本国内においての化管法や安衛法では、SDSによる情報開示を求めており、JIS Z7252及びJIS Z7253において、化学物質情報の表示と伝達基準が設定されています。2016年12月31日以降は、旧JISによるMSDSの作成や使用は認められていません。

graph2

当社におきましては、SDS作成専用のプログラミングを駆使、迅速で正確なSDSを作成、すべてのお客様にご満足頂けるSDSの代行作成を心掛けております。

特に健康に対する有害性の分類、GHS附属書注意書きコードの抽出、日本国内、国外の法令に適用される物質の抽出については、当社独自のシステムにより管理しています。
適用法令については、作業者の安全確保と、災害の発生防止の観点から、関連する法令を出来るだけ網羅すべく、常に最新の情報収集をしています。

貴社のSDS作成について、当社にお手伝い出来ることがございましたら、モデル組成のSDSをご用意致しておりますので、いつでもお気軽にお申し付けください。

お問い合わせ